アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

2017年5月3日大阪城ホールで私の世界線が変わった話。

あの日、私は自担のメンカラのネイルを塗り、メンカラの服を着て、もちろん自担の団扇をカバンに入れ、今日でJrの現場に行くのは最後にするのだ、などと他人にはどうでもいい、超個人的に大層な決意をして大阪城ホールに赴いた。


双眼鏡で自担の姿を追いかけたり、細かな表情をチェックしたりとか、通常のオタ業務を粛々とやっていて、ごく普通に今日も可愛いな(いつも可愛いけど)コンディションよくて良かった。
でも、もっとカメラアピしてほしいんだけど。そこでこう、ガってこっち見て、格好つけて、色っぽくにやって笑ったりして、爆モテパリピ装ってよ!などと思っていた。

のに。
のに。

その瞬間は突然やってきた。


歩きながらカメラに向かって、かっこ良くて綺麗な男の子が、不遜なくらいの表情でこっちを見ながら歩いてくる。
階段を上りながらだから、やや上目遣いの、少し薄情そうなでも色気のある視線で歌う。

もう迷ってないで 今すぐHere we go


その瞬間、ばっしゃーんと何かを浴び、ドバーッとなんか出た。
そして語彙力は失われた。

クールでシャープで、どこか硬質そうなのに、甘い男の色気を感じる表情と、なんとなく不器用さもありながら、熱のあるエモいダンス。

その流れで、ほぼ目の前で披露されたパフォーマンスで、私の世界線が完全に変わってしまった。

萩ちゃんて、あんな美形だったっけ…!?ふわって柔らかいウェーブの前髪の向こうから、あんな風に見てくる人でしたっけ…!?

声にならない悲鳴を1人で上げつつ、もう夢中でおいかけた。なんだこれナンダコレってどっかで思いながら、萩ちゃんかっこいい、かわいい、え、もっとこっち側のエリア歩いて!
てか、ダンスも良いけど、ドラム叩いてるの、叩きながら歌うの最高カッコいいいいいいーー!!

返す返すも、私はこの日、自担とお別れして、Jr担もおやすみしようと、決死の決意で赴いてたんですよ……

もう、あまりにヒャッハーな感じのテンションになってしまい、細かいことは実は覚えてないんです…!
ただひたすら、萩谷慧悟ていう綺麗な男の子が見せてくれるいろんな表情と、カメラに向かってやるアピールに、これ、これがずっと欲しかったんだよー!!と、アル中に酒をつぐがごとくになってしまったのです…!

PARTY MANIACS
本家のパフォも好きだし、風isの4人にやつもエモいし、何より、たまアリでもみてただろ、ジブン…!

Jr祭り、一部終わった瞬間に、なにも知らない相方に向かって
「ちょっと今から、萩谷ウチワ作っていい?」
などと言い放っていた…(ちなみに相方は爆笑の末、応援するといってくれた)

結局、そのあと昂ぶりを抑えるためにビール飲んだので、作らなかったんですけど、実はちょっと後悔してる。3部まで時間あったし、やっぱ作ればよかったなあ。

そんなわけで、翌日、萩谷担として転生し、love-tune担というこれまでと違う世界線を歩むこととなりました…
ドチャクソ新規ですが、
どうぞヨロシクオネガイシマス。