アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

阿部顕嵐君の魅力というか、ほんと眩しいよなって話


6月1日になりました!
本日、魔女の宅急便 初日おめでとうございます!
素晴らしい舞台になりますように。
みなさま、千穐楽まで怪我なく無事に終わられますように。
そして、顕嵐君の魅力と努力が十二分に発揮できますように!!

さて、せっかく初日なので、顕嵐ちゃんのことを書こうかななどと思います。
(とここまで書いたのに、24時間以上たってしまったわけですが)



顕嵐ちゃんとの出会いは、多分いつメンの時期だったと思う。
ふわっとしかJr界隈を知らなかった頃、じぐいわきしあらちゃかちゃんの5人で、雑誌に載ったり少クラで歌ってたりしてた。

はっきりした顔立ちで、目の強い子だなって思ってた。格好いい担当だったよね、あの頃は。お兄ちゃんガチャで、クズいイケメンお兄ちゃんやってたのが印象に残ってるんだよなー。
なんか、声も印象的だった。ちょっと変わった声してない?顕嵐ちゃん。
山Pの高校生時代の役をやったときいた時は、お、似合うな。と正直に思うくらいは、美形認識でした。

キンプリが始まってしまうと、いつメンはその括りを解消されて、顕嵐ちゃんとちゃかちゃんはトラジャに帰り…私はその頃、トラジャのことはあまり知らなかったので、あんまり見なくなったなーとか思っていた。

でも顕嵐ちゃん、ずっと人気はあったんだよね。よく考えれば、ガムシャラにだって出てたんだし。

だから、顕嵐ちゃんをセンターにしてくれないかな、て、2015年後半からずっと思ってたんだよね。
華やかで若くて人気があって、。
自担のいるGに入らないかなあ、そしたら、デビューの角度が上がりそうなのに。とか、埒もないことを考えてましたよ、ええ。
(むしろ、顕嵐ちゃんをゲットしたところが隙間デビューに一番近いだろ、くらいは思ってた。割と本気で)

ガムシャラの顕嵐ちゃんで印象に残っているのは、チーム覇とHGなんだけど。その前の熱海とか、割とおとなしいイメージだった。(そういや、ガムシャラ熱海って、らんれお対決だったんだ…!)
覇ちゃんでのアツいあれこれもそうだけど、恥ずかしい画をとっておく企画でHGやらされた時の顕嵐ちゃん、マジでかわいかった。
やりきった後に、大きくないタオルを肩にかけて、それで身を隠そうとしてるのとか、涙目になってるのとかが、もう、本気で可愛くて。
最近、何回も見てるから余計に可愛さが募ってるのかもしれないけども。

男の子の格好いい、ていうプライドが傷ついたんだろうなと思いつつ、そんなことしたって、全然綺麗なままだから、顕嵐ちゃんの輝きはただもんではないなーと思うわけです。

ちょうど、それから1年後くらい(正確には10カ月くらい?)あの運命のファイアビとなるわけですね。

あの、イントロから4人がばっとはけて、顕嵐ちゃんが現れた瞬間の、悲鳴のような歓声を聞いたとき、本当に、たくさんの人が彼を待っていたんだな~という穏やかな感想以上に、


うわ!レッド出てきた!すげー!つえー!まぶしー!

ていう感じだった。
戦隊ものでめっちゃ良いところで最強レッド出てきて、みんなのピンチを救って敵をやっつけちゃう。みたいな、ヒーロー性?そういうものを感じたんだよなあ。
あれは、伝説レベルの瞬間だなって思う。テレビで最初に見た時も思ったけど、今見返しても平伏す感じがある。

前述したけど、私はトラジャ時代のことをほとんど知らないので滅多なことは言えないんだけど、Loveに入ることで、顕嵐ちゃんに与えられた役割の一つは、明らかにキラキラして華やかで、大輪に花として咲き誇ることだと思っていて。
だから、Loveが顕嵐ちゃんを(変な言い方だけど)ゲットしたことによって、凄いユニットになった感とともに、顕嵐ちゃん自身も、その輝きを遺憾なく発揮できる場所を手に入れたんだと思う。

去年はまだ少年ぽさが勝っていた印象だけど、日を追うごとに大人っぽさという名の色気を身につけてきてる気がするんだけど、それに伴って、どんどん花開いてる感じがする。

元々華やかな人だけど、その花が顕嵐ちゃん自身が言うように、大きな花になっていってるんだな-、きっと。

その成長を見続けられるのこそ、Jr担の醍醐味とも言えるけど。

魔女の宅急便を経て、また一段階輝きを増してくんだな、と思うと本当に楽しみですね!!!

私が魔女宅を見るのは大阪なので、まだ先ですが、20歳になったばかりの顕嵐ちゃんの眩さに、目を潰されないように、見てきたいなあと思います。

今の時点で、期待しかないもんなー
早く見たいなー