アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

私的森田美勇人君推しポイントの話

まずは、
祝!森田美勇人君、入所日!
アイドル森田美勇人の誕生日ですね。
この道を選んで、諦めず、12年という長い間、頑張ってきた美勇人君の13年めが、これまでにない最高の年になりますように。
Love-tune担として、極々微力ながら、後押しできれば嬉しいです。

と言うわけで、せっかくみゅとさん入所日ですから、託けて、美勇人くんの好きなとことか、私見で書いていこうかな、と。

美勇人くんは、私の中では、ステージングで『モテる男の傲慢さ』*1を表現する数少ないアイドルの一人。
Jrにドはまりする前は、あんまり知らなかったし、トラジャのパフォーマンスもほとんど見てなかった。て、顕嵐ちゃんのときも書いたけれど、踊る美勇人くんを見るまでは、ガムシャラの、長身の残念イケメン枠だった(残念イケメンは大好物枠だけど)
でも、パフォーマンスする美勇人くんは、なんか悔しいくらい格好良かった。
元来細長好きなのもあるけど、美勇人くんの、さりげない動きで圧倒的なものを見せつけてくるあの存在感…!

私がいちばん好きでこの『モテる男の傲慢さ』を遺憾なく発揮していると思うのは、去年の少クラで放送されたmasterpieceで、全員が横並びでステージ前方に立って、風に吹かれながらフリーに動くところ!
髪を軽くかきあげて、ポケットに軽く片手を突っ込むっていうアレ!
下から狙うカメラを見下ろして、ニヤッと笑うのも含めて、
ぎゃー、ドチャクソカッコいい!
てマジで叫んだ。今見返しても叫ぶ。
みゅうとさんかっこいい…!
て震えながらひらがなで喋る。


美勇人くんがとてつもなくダンスがうまくて、ベースも弾けて、ていうスキルが高いことはもちろん素晴らしいんだけど、私にとってはなにより、パフォーマンスにおけるその圧倒的な『格好良さ』がいちばんの魅力だな、と思っています。

あとは、やっぱり、ポンコツさとのギャップね…!喋るとひらがなだし、ビビりだし、へなちょこだし…でもそこが可愛い!て素直に思えるのも、美勇人くんの美徳だなあ。
チャーミングっていうか、キュートっていうか。
パフォーマンスの時とのギャップが激しければ激しいほど、かわいげが増します。

これからもずっとそういうところは変わらずにいてほしくて、でも、パフォーマンスでは圧倒的に平伏したい所存です。


美勇人くんてほんとにカッコいいよなあああ!

*1:昔、漫画家の柴門ふみが、SMAPの木村さんと森くんを評してそういったのです