アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

FantasticRideと少年倶楽部の話

書いたつもりになってたけど、少クラFantasticRideのこと、なんも書いてなかった。
私、ほんとに祭出のLove担なんですけど、城ホールで見たFRがほんとにすばらしくて、完璧なるダンスグループのトラジャとエモさとグルーブで盛り上げるラブを、ダンスとグルーブの要たる美勇人が繋ぐという構図とともに、めちゃくちゃ好きだったので、収録でやると知ったとき、Loveで1曲くれよー!!とか叫びながらもかなり期待していたのでした。
正面で一回も見れてなかったしね。(Jr祭りは
あそこやここを正面から見るとどんなかなーとか、いろいろ楽しみにしてた。

で、実際放送見ると、あれ…?思てたんとちょっと違うー。
となってまして。
あの人数の綺麗なフォーメーションを撮るためのカメラワークになってなかったなあと。
なんですかね。いつも完璧だわ、と思っていたLoveのカメラ割りや、フォーメーションをきちんと撮っていたトラヴィスのパフォのいいところがあんまり発揮されていなかった。
これは結構、悔しいというか、残念だったなー。
あと、これはしょうがないけど賛否両論にどうしてもなってしまう、エビちゃんたちね。
エビちゃんたちの曲だし、お借りしてやらせてもらっている、というのは大前提だから、呼び込んだりするのはいいと思うんだけど、やっぱり、パフォーマンスを見たいLove担、トラジャ担からすると、そこでエビを映さなくてもよくない?! ていう瞬間もどうしてもあるわけで。
これでエビちゃんを攻撃するつもりは私にはないけども、やっぱり、先輩の度量で遠慮してくれたらうれしかったなあああ。Jrがメインになる貴重な機会だからさー!とは思ってしまった。
でもこれは、立場が変わればまた違う見方にもなるので、もっとうまくやる方法を、考えてほしかったというのがほんとのところかな。

少年倶楽部の在り方が、今ねじれてるから余計に思っちゃうのかもね。
でも、どんなに事務所に推されているJrであろうと、デビュー組の方が上である、というのは基本としては忘れたくないことだなって思う。
だからこそ、Jrに機会をくれたり、やさしくしてくれる先輩デビュー組がありがたいんだよなー。

なんかとりとめなくなってしまったので、今日はこの辺にしておこう。
もうすぐ、今日の少クラ始まるしね(私はまだ帰宅してないからリアタイできませんけど!)