アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

キスマイちゃんの記念日だったので、キスマイちゃんについての話

今日は、キスマイデビュー6周年なので、キスマイの話をします。
と書いてから、1日たっているって言う通運でお送りしまっす。

キスマイの魅力って何かなーとか考えるんですけど。
これは相方ともよく話すけど、プロジェクトとして良くできてるんだよね。
Jr時代からキス担だった人は、デビューしてからの彼らより、Jr時代の方が良かった。と言う人もいるのは、重々承知ですけど、それでも、デビューからこれまでのプロジェクトとしての戦略がとても良くできてる。

キスマイって、ほんとにデビュー遅かったし、少々荒療治をしてでも一足飛びに、お茶の間に浸透しなきゃいけなかった。多分、2,3年である程度まで行かなきゃならなかったんだろうな、というのは、なんとなくわかる。
みっくんが26歳になる年にデビューしたってことは、横尾さんもすでに25歳でJrの高齢デビューていうハンデを乗り越えなくちゃならなかった。
7人の年齢がバラバラで、一番下のニカ千が20歳だった、ていうのが、まだ救いだったんじゃないかな。若々しさの担保という意味で。
藤北でドラマに出しても視聴率伸びなかったり、KAT-TUN路線をとっても、なんとなく軌道に乗れなかったところを、スクラップアンドビルド方式で、思いっきりバラエティに寄ったからこその、浸透だったんだろうなと思う。

私、いまだに覚えてるわ-。
以前勤めてた会社の同僚が、美咲見て、あの不細工な二人、ジャニーズ?てきいてきたの笑

とかいう私も、デビューシングルのあまりの格差にビビって、こんなグループにはハマってはだめだ。しんどいだけだ。て思って、最初の半年くらいは近づかなかった笑
まあ、格差ってどのグループにもあって、SMAPにもあったし、KAT-TUNにも顕著にあったし、私は元々KAT-TUN担で、じんじん辞めちゃった後だったので、その辺はちょっと敬遠したとこはあるんだけど。
最終的に、ここまであからさまに格差で売るって、これいっそネタじゃん…!てなったよね。

商品群として見たときに、まず定番となるべき、売れ筋の商品を思いっきり推して、少々マニアックだったりニッチな商品は、ちゃんと定番が定番として機能してから、バリエーションとして攻勢をかける、が割と、商品開発とプロモーションの定石だと思うんだけど、それを、キスマイは短期間でやらなきゃいけなかったんだろうし、そこで、格差とブサイクって言うのは大鉈振るった切り口だったと思う。

もちろん、それで篩い落とされちゃった子はいるだろうし、降りちゃった人もたくさんいるんだろうけど、キスマイって、自分達を好きな人だけにアピールする箱庭商法じゃなくて、バーンとマスに訴える道を選んだ訳じゃないですか。
それなりにしんどかったと思うし、凄い流血沙汰でもあったとは思うよ。

ただ、だからこそ、ジャニを知らなかった人に面白い、と言ってもらえて、興味を持ってもらえて、いろんな層がコンサートに来るグループになったんだと思うの。

SMAPの後ろを歩かせてもらえたのも、きっと7人のためになったんだろうな、と思う。グループの考え方とか、仕事の進め方とか、そっくり真似するんじゃなくて、自分達なりにかみ砕いて、というか。
キスマイは、デビューしてからめちゃくちゃ頭をつかうようになったんだと思う。Jrの間とか、戦術的な頭の使い方はしてただろうけど、もっと大局を見た、戦略を考えられるようになったんじゃないかなあ。
これって、やっぱり中居くんに教わった部分て大きいと思う。
飯島さんもだけど、やり方の賛否は置いておいて、策士であり戦略家であり、時に、陣頭指揮も執れる軍師である。というのは、ものすごいことなので。
それを役割分担しながらできるようになっていったんだろうなあと思う。
そして、私はそれをとてもいいことだと思っています。

あと、やっぱり、顔立ちやキャラクターにバリエーションがあるのがいいなあと思う。7人揃ったときに、誰も似てない。例えばニカ千は双子感があるとは言え、それは二人の容姿が似ているから、とかではないわけで。
そういう意味で、バリエーション豊かなことって、お茶の間に浸透する際には絶対必要なんだなー。
商品バリエーションがあると「選べる」
王道が好きな人もマニアックやニッチなものが好きな人も、可愛いのがいい人も格好いいのがいい人も、並べた中から選べる。
歌やダンスにひかれる人も、バラエティから入る人も、ドラマが気に入った人も。
どの子もきっかけになれる。入り口がいくつもある。
それも凄いことだ、と思う。

私がキスマイを好きになったきっかけは、相方がこのキスマイのプロジェクトのおもしろさに気が付いて、はまろうぜ!と誘ってくれたから。
そして、今のところ、全く裏切られていない。
戦略がしっかりしていれば、多少、戦術的な失敗があってもリカバリーできるもんだ。
だからこそ、メンバー自身が考えられること、それをジャッジできる人が恐らくはいるだろうということは、本当に強いと思う。
まだまだ、セールスが弱かったり、キスBUSAがつまんなくなったり(笑)、そういうこともあるだろうし、できること、できないことが出てきたりもするだろうけど、向かう先がどこなのか、そのために何を積み重ねていけばいいのか、立ち止まったり、躓いたりしながら、私たちに対しては、おもしろおかしく見せてってくれるんだろうなぁ。

だから、私はキスマイがとても好きだし、ずっと見てたいなって思う。

と言うところで、そろそろキスマイ横アリ初日も始まるな!いいなー!見たかった!

キスマイちゃん、6周年おめでとう!
7年目も、がんがん最新が最高のスタイルで突き進んで下さい!