アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

モロちゃんの誕生日を心の中では盛大に祝ってましたって話

まずは。
諸星翔希さま、23歳のお誕生日、おめでとうございます。
というわけで、モロちゃんのことをいろいろ、書いてみたいと思います。
(相変わらずの数日遅れで、本当に申し訳ない気持ち)

モロと言えばお笑い担当だけど。
なんていうか、いじられキャラだったんだよね。本人もそういう役回りと思ってたところあるのかなあという感じもあったし、モロがそういう位置にいてくれるのが、すごくみんなが安心してるみたいなところあったんじゃないかなって。ガムシャラくらいまでは思ってた。いや、ガムシャラ夏祭りの敗者組への商品で、モロちゃんのめざましボイスとか、写真とか、めっちゃ楽しそうにやってて、モロ、ほんとにいいやつー!て思ってました。
ガムシャラはモロをどうしたいの?てやっすーが訊いてて、ほんま、それな。て思ったけど。
あのころがちょうどSHOCKのころだよね。なんとなく、Jrの中ではお笑い担当と思われてたけど、しっかりSHOCKでしごかれてたんだねぇ。それって、きっと今に生きてるんだと思う。
で、モロがいることで、すごく場が和む。お笑いとかそういうんじゃなくて、人柄なんだろうなと思う。お笑いじゃなくて愛されキャラなんだよね(以前は、樹も友達と聞かれたらモロしか言わなかったしな…何となく、友情の片思いぽかったけど)
あと、自分がそういう立ち位置に置かれてても、しっかり受け止められる度量があるんだと思うんだよね。そうでないと、普通、怖くておちとか振れないよ…そういう意味でも、なんというか、包容力を感じる。頼りになるお兄ちゃんのひとりだな、と思います。
そりゃ、ながつも懐くわー。
 
炎の体育会TVに起用されたとき、やっぱりバラエティ的なところで印象に残る役回りだったけど、それだって、ある意味おいしいとモロなら思える。本当は必死に真剣にやってるのをちょっと揶揄されても、それはそれで、本来力を発揮しないといけないときに発揮できるから、それでいいしそこがいいところだよなー、と思って。結局、にやにやポジションとともに、熱い男だ、ていう認識にみんながなってたの、すごくよかったなって。
でもサッカーで呼ばれたり、ゲームのでもやったりとか、ああいう形でも、ちょっとずつ準レギュラーの座を獲得できたらな!ていうの、次の目標だな。
 
モロちゃんのパフォーマンス
最初は、やっぱりダンス!あのファイアビの時、間奏で飛び出してきたモロのダンスがめちゃくちゃ格好良くて!そのあとのエタマイとか、モロちゃん見る度に格好いい…!てなってた。体育会TVで、その一番格好いいところ流れるの嬉しかったなあ。
SHOCKや、屋良君との舞台を経て、スゴいスキルを上げて、満を持してLove-tuneの1人として登場した感があった。ちょっと荒々しいというか野性味があって、モロのダンス、カッコいいんだよー。私はすごく好きだなあ。美勇人とは、また違った魅せ方のダンス。
そして、楽器隊4人でやすあらもろでボーカル・コーラス・アジテーションみたいにしていくのかと思いきや!突然のサックス!!!Jr祭りで披露したとき、ほんと、大丈夫?ぎりぎり?みたいな雰囲気だったのに、次に見たABC-Zのコンサートでは、すっごい上手くなってた。
萩ちゃんがソロの旋律譜起こししてたり、さなぴが一緒にジャズ系のライブハウスに行ったりと、音楽的な面での交友も深まったんだろうなあ。そして、ちゃんとした先生について勉強と練習をしてるのが、すごくわかる。
前回のTWLのときに、モロのサックスと歌のこと結構書いてしまっていたので、重複しちゃうんだけど。やっぱり、音がきれい、音程がぶれない、ていうの、すごく大事で、その基本をおざなりにせずにきちんと練習してるのがわかるし、そうなったら、どんなに難しい曲でも絶対吹けるようになる。
あれだけのサックスは、本当に大きな武器の一つだよね。
あと、歌!めっちゃうまいでしょ。歌割りあんまりないのもったいない!とおもうので、TWLの、モロの大サビはとても良かった。
 
私は、Love-tuneができるまで、ずっと私の好きなあの子のいるグループに、モロが入ってくれないかな~などと、夢を見ていました。きっと、グループの雰囲気も変わって、もっといろいろなことができるようになるんじゃないかな、とかなんとか、勝手なことを考えていました。
顕嵐ちゃんやながつ、やっすーみたいに、この人がいると、相性云々とか置いといて、すごい可能性が広がるんじゃないか、と思えるJrの一人でした。
 
だから、モロちゃんがLove-tuneに正式に加入して、これはこれはこれはすごいグループですよ、感が強まった。ただの三枚目ポジションじゃないことなんて、一目瞭然だもん。
Twitterでもつぶやいたけど、あの頃、ずっと同じグループになれたらどんなにいいだろうと思っていて。
でも今いる場所がモロにとても似合っていると思います。
 
モロの22歳の1年がきっと充実したものだったように、23歳の1年が、もっともっと充実して素晴らしいものになりますように!