アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

Jr祭りに行ってきたよ。ただし初日のみだけどって話

終わってちょうど一週間ですね。(て時に書いていました)

Jr祭りの初日に行ってきました。地元にもかかわらず、初日しか日程合わなかったし、めっちゃ仕事休みづらい日だったのを強行突破して行ってきました。

紆余曲折あったので、今回相方とはばらばらの席で、私は下手スタンド後ろから3番目くらいの席で、その代わり、メンステに一番近いリフターの位置くらいで、結果的には良席だったなあと思います。

Jrマンションみたいなセットが組んであって、マンションのそれぞれの階にバルコニーあってそこステージに踊れるようになってる、みたいな感じだなあと思ってました。

セットはステージ上から後ろへ引っ込むにも柱があるような感じだったので、始まるまで、どっからドラム出すんだよーて思ってた私は萩谷担です。

BGMがオリ曲のインストなのは、結構よかったなあ…でも解らない曲あるんですよ。あんなに少クラ見てても、体になじんでいない曲はしょうがないよね。

Love-tuneさんは
湾岸のピンク×紺の衣装で登場
あの衣裳、ああやっていろんなグループの集団で見ると、ものすごい異質だよね。
アイランドの時は密集してるからかえってあんまり感じなかったけど、色の組み合わせも目立つし、一人ずつの形もバラバラだし、たくさんのパールのアクセントが明るくて華やか。兄組の衣装って、やっぱり、ちょっと色を抑えめだったり、赤黒も多いし、ファーだったり、スーツだったりでどことなく似た要素があるものも多いんだけど、あの衣裳はどことも似ていなくて、いいなあ、いい衣装だなって、あの広い会場で改めて思いました。

そして、髪色!顕嵐ちゃんの赤髪!めっちゃ似合ってた。可愛かった。すごく好き。まあ、私、赤髪マニアなとこありますけど!
美勇人さんが、噂のアッシュがすっかり抜けて、すごい金髪になってて、今回は、

美勇人さん>>モロ>さなぴ>やっすー≧顕嵐ちゃん>萩ちゃん>ながつ

て感じのLove-髪の明るさグラデ-tuneさんでした。相変わらずきれいだなあ、髪色!(私がヘアカラーマニアなだけです)

 

ここまで、Twitterとかにあげたのをメモ代わりに見てたんだけど、見事に見た目のことしか言ってなくて我ながら笑う。

多分、ほんとにLoveしか見てなかったんだと思うのと、シャッフルが、私はあんまりそそられないというのもあるかなあ。今の兄組の半数近くが無所で、スノもまだ不安定だったころのことは、あんまり知らないから、もあるかもしれないけども。唯一書いてるのがモロちゃんのことだった。

ほんとにほんとにモロちゃん歌が上手くて、聞き入ってしまったよ……

あ、あと萩ちゃんが、Happy Birthday選抜だったんだけど、この時、選抜のメンバーがみんな、花束持ってるのね。で、客席の子に渡したり投げたりしていくんだけど、ホントに萩ちゃん花の扱いぞんざいで笑。ファンサタイムじゃないのか、それ。て思ってたけど、なんかちぎって投げてる感じだった。
最後、あ、これ持ったまま捌けちゃダメだった。みたいな感じで、ぽいってあれはどう見ても投げたって言うか、語弊はあるけど、捨ててた笑。
いや、そんな萩ちゃんも大好きだけど。

 

あ、その前に、あれか。烈火だ。

烈火の時、その前がストのJAPONICAで、最後演出で上から布が垂れ下がってるんだけど、その後ろにLove-tuneのメンバーのシルエットが浮かび上がって、それがすごいカッコよくて!あ、演出こっちでいただいちゃいました。くらいの勢いだったよ笑。そんで、ダンスパートで楽器出てこなくて、これ、ダンスパートしかなかったり、バンドパートだったところまで、ダンスになってたらどうしようって、ほんと気が気じゃなかったんだよ。ドラムどこから出すんだよ!てずっと思ってたから。

でも、まあ、そんなことは心配無用でした。
あ。と思ったらメンステ奈落から楽器せり上がりで登場。
完全に上に上がらず、少し沈んだまま。お?て思った瞬間に、楽器隊がそこに飛び降りる!なにそれ!その演出格好良すぎ!!思わず叫んだわ。
余計なセットとか必要なかった。
割と密集しておいてあるのに、躊躇なく飛び降りるLove楽器隊…ヒーローなのかな?てマジで思った。かっこよかった(そればっかり)

ただ、ここで気が付いたんだけど、烈火って名曲だけど、覚えやすいキャッチーな感じじゃないんだよね。あと、他G担はちょっと乗りにくい。のかな?ほか3組の曲が、色は違えど、割とキャッチーというかサビの繰り返しとかが意外と単純なのね。
烈火ってめちゃくちゃドラマチックな曲なゆえに、みんながすっと乗れない、みたいなのはあるのかもなあ。

 

さていろいろあってLove-tuneのターン

てことで、このThis is LoveSongがほんとにキラキラしてて!ようやく、あ、私ジャニーズアイドルのコンサートに来たんだったわ!きゃーきゃー叫んでよかったんだわ!と思いました。すごくよかった。

アイドル要素が極端に少なくなったから、華々しいキラキラ感が減って、スキル勝負みたいなとこはちょっとあったかな。だからリフターでThis is Lovesong歌うのは、Theアイドルな感じで、アイドルのコンサートを担保してくれたかな、てところはある。

やっすーの"好きになっちゃう"のあざとさも、顕嵐ちゃんの好きなんだよのあとのカメラに向かってのキャーポイントも、あー、かわいい。ほんとかわいい。とか一人で呟いてた。リフターはながつ前だったんですけど、ほんと、ニコニコしててさあ。めっちゃかわいかった。可愛いしかなかった。

でもまあ、かわいいだけの人たちではないわけで。

CrystalSkyが、ごりっごりに踊るのめちゃくちゃカッコいい。ここでやっぱり、美勇人さんを頂点のトライングルで、360度全方位つかって攻めてくるのほんとにカッコいい。でも、印象ばっかりなのでもう一回早く見たいから少クラさんお願いします(マジで)

でさ、この曲の前に衣装の上着をみんな着るんだよね。私、それまで、インナーはふみきゅんが作ってくれた衣装のアレンジなのかな?て思ってたんだけど、厳密にいうと違ったわ。
ブラック&シルバー&ファーのギラギラ衣装が、ほんとにほんとにほんとにカッコよくてさあ。
顕嵐ちゃんなんて、いっぱいファーがついてて、袖が4本くらいありそうなのに、袖通すんじゃなくて肩に引っ掛ける衣装なんだよ!ガヤちゃんかと思ったわー!
でも、上手に着られないのか、メインステージで走ったときに、腕を通すわっかみたいなのが何回もずりおちて、上着が脱げて、そのたびに何度もよいしょって感じでかつぎ直してたのが可愛かったよ。

顕嵐ちゃんはキャップ、美勇人さんハット、モロちゃんニット帽。やっすーもギラギラにファーまでついてるパーカーで、たまにフードかぶってて、ガッシガシに踊る!

萩ちゃんの新衣装は、遠目で見てると今回はシンプルだなーって思ってた。シルバーのブルゾンタイプで前止めずに踊ってるのが、いつもと違ってワイルドだった。
でも、あとでお闇の写真見たら、下がフリンジっぽくなってたりして、全然シンプルじゃなかった笑

カッコイイ!!てなったその後でCALL!
なんか、みんなこれ待ってたよね?感あったよねー。OMGも聞きたいし、Hey!て叫んで打点高くペンラ振りたいもん。すごい上から見てると、このペンラの振り方で、Love担かそうじゃないかがわかる気がした笑

 

さて、パフォーマンス以外のもろもろも。

MCは基本やっすー。煽りをちゃかちゃんがやったり。進行はやっすーじゃないと無理だよね。と思った。初日は暴走するグループもなかったので、それでも、知っちゃかめっちゃかになってもおかしくないところ、よくまとめてたよね。
あと、MCの時、最上手にいたLoveさんたち。メインステージ上手横スタンドのお客さんが真ん中辺が見えるように全員下がらせてた安井さん凄いさすが

あ、そうそう、初日だからか、ちょいちょいあった美勇人さんのハプニング。
最初の方、外周で外側向いて踊ってて下がりすぎて、後ろに落ちかけて、あ!って持ち直したんだけど、アブネ!て顔してちょっと焦ってたのと、アンコのスタトロが何かにぶつかってガクンて揺れたとき、胸に手を当ててめっちゃ怖かった!て顔してたのすんげー可愛かったの。180cmオーバーの美青年があんな可愛くていいの?ねえ、美勇人さん笑

萩ちゃんのことは、相変わらずニラニラ見てたんですが、ドラム叩いてるときの頭振って髪振り乱すの、やっぱり、ほんと格好いい。そして、まっすぐ前を向いてる凜々しい顔もホント好きだわ(今さら)

あ、そういや、ラブトラのFantasticRideの時、のえるさんがドラム叩いてる萩ちゃんの髪をくしゅくしゅしてて、天界のお戯れ感あった。端的に言って可愛かったです。のえるさん、いつもあそこで萩ちゃんの髪触るの、ドラムの邪魔にならないようにだよね。さすがだわぁ。

 

Loveさん以外で凄く心に残ったのは、トラジャの愛かた。コンテンポラリーダンスのようで、歌もスゴくよくて、なんか、泣きそうになったの。トラジャすごいなあ、と改めて。美しいグループだ。単独楽しみです。

ただねー。コンサート全体としては、初日だからもあるのかもしれないけど、ちょっと物足りない感じはある。バンド要素少ないのも気になるけど、セット上しょうがないのかなあ。ダンスを見せた印象が強い(おかげで余計なこと考えたわ)

コンサート全体としては、凄い楽しかったか、て言われると微妙なところもあるので、あとは単独を楽しみにします。て感じかな。

 

こっから、ちょっと合同コンとして見たときに強く感じたこと。

『兄組』とよく1つにくくってしまうけれども、ここ4組って実はもう、全然ターゲット層違うんだよね。もちろん、4組とも好き、全ジャンルのお客さん、ていう人ももちろんいるとは思うんだけど、少なくとも私はもう、スノストのお客さんにはなれないし、そういう人は、ここまできたら割と多いんじゃないかなって思う。

それって4組の色がそれぞれ特化してるってコトなんだけど、それゆえに、4組揃うと、なんか相性が悪い

厳選して、見せたいパフォーマンスを見せてるんだと思うけど、コンサート全体としてはどこかが突出するわけでもなく、引き立てあうわけでもなく……有り体に言えば、相殺されてる印象。

良さとか華とかそういうのが全部殺し合って、地味にさえ思える。

あと、曲バランスがなんか据わりが悪い感じもあったし、バンドの対バンなら、短い時間でもそのアーティストに集中できるんだけど、好みのものと好みじゃないものが交互に現れるから、見てる私の集中がちょいちょいきれてしまうのも、完全に楽しめなかったっていうのはあるかなあ。

 MC云々の件は、初日は気にならなかった。ので、見てないことは言わないでおきます。でもまあ、いろいろ思うところは、そりゃあるわな。

まあ、これも相性が悪いってことのひとつかもしれないね。

単独コンでは、もっと、その魅力や実力をいかんなく発揮してほしいなあ!!

 

 

 

 

**********************

 

 

なんて、悠長に書いてたら、爆弾落とされまくってますけど!

とにかくできることは、自分たちのできる範囲で、彼らを盛り上げていくことだし、感想も要望も送り続けて、たくさんのファンが彼らを必要としていることを、いろんな方面に訴えていくことだし、それって、爆弾落ちようが落ちまいが、やり続けてることだから、平常心というか、いずれどんな形にしろ答えが出るのだから、彼らが連れてってくれるといった未来へ向かって進むしかないわけです。

色んなものを踏み台にしたり足蹴にしても、それでも私はLove-tuneにのし上がってってほしいし、横浜アリーナの次は、東京ドームだろ!!て思うから。

これでまあ、いよいよ単独は楽しみになってきたね!!絶対盛り上がってやる!!