アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

3連休は顕嵐ちゃん見て泣いたり、友達にLove-tune プレゼンしながら飲んでたよ、ていう話

関西に住んでいると、ジャニーズごとには不利なことの方が圧倒的に多いんですよ。
特にテレビ。
関東ローカルが多いのはもちろん、10日間遅れはいい方で、1クール遅れもざら。
さらによくある全国放送(一部地域を除く)の一部地域に、関西圏はたいてい入ってる。

それがですよ。なぜなんでしょうね。
魔女の宅急便の特番が、関西ローカル!ABCやるじゃん!どうした、いいぞ、もっとやれ。
(いや、普通に全国で流せばいいと思ってるけどね!)

「もう一つの魔女の宅急便」が、キキである萌歌ちゃんだけじゃなくて、トンボ・顕嵐ちゃんのことでもあるのが、なんか、まずすごく嬉しかった。
ふたりの若者の成長物語としての魔女宅なんだなあと。

それにしても、QLAPの撮影時の顕嵐ちゃんから始まってて、ああ、これが、動く天女…!てリアルに声が出たね(だってQLAPの編集さんが顕嵐ちゃんのこと天女って)
美しくてはかなそうで、でも強靭そうな、なんだろうな、しなやかな美しさってこういうのだね。などと思って見始めたんですが。

そんな顕嵐ちゃんが、必死で挑んでいる姿が美しくないはずがあろうか。

歌に苦戦して、みんなできているところで自分だけができていない壁にぶつかって、乗り越えようともがいて、戦って、でも志は高く、眼差しはまっすぐで。

苦しかったこともいっぱいあっただろうけど、その分得るものも多がっただろうし、こんな素晴らしいお仕事に10代で携われたことが、本当に喜ばしいなと思って…
見てて、ほんとに涙が出てきたよ。
BBAすぐ泣くから、ごめんな。
んで、見た後のビールが超うまかった。

そういえば、クリエの当日券並んでる時に、顕嵐ちゃんが待機列の隣をすたすたと歩いて行ったんですけど、結構楽屋入りとしてはぎりぎりな時間じゃない?と思ってたんだよね。
今思えば、魔女宅の稽古をしてた可能性もあるな。
もしそうなら、めちゃくちゃハードスケジュールだよね。

私は、大阪公演1回きりなのですが、20歳になったばかりの顕嵐ちゃんを堪能しようと思います。
楽しみだなああ。

そういや、その夜の音楽の日の夜中を録りはぐってしまった私は、
そうだ、Jr担に油断している暇はないのだった…と思い出しました。
予告なくデビュー組のバックにつく。これぞジャニーズJr…!!
悔しくてまた、飲んだけど。

あと、3連休中に1年ぶりに会う非ジャニオタのお友達と半日近く、飲みながらしゃべってたんですけど、
彼女は私と相方と話すことでジャニっ子たちを知って、時折見かけるテレビなどで確認する。
というのがかれこれ3、4年くらい続いているのですが、
会おう!と連絡がきたときに、何やら気になる子がいるので、答え合わせをしたい…とのことで、
もちろん、資料を携えて、赴いたわけです。
そしたら、なんと、長妻くんでした。わーい!

去年あったときも、軽く話はしていて、だから、なんとなく意識はあったようなんですけども。
今年ようやく、ガッツリLove-tuneをプレゼンできるわ!という状態だったので、
さすが!お目が高い!ジャニショ行こう、ジャニショ!
という感じで、せっかく新写真もあることだし、と、ジャニショへ。
Jrコーナーをじっくり見た結果、ながつ・あらん・みゅうとの写真をお買い上げされました。
顔面お洒落トリオですって…!
あと、私が萩ちゃん担になった。と言って写真をいろいろ見せると、
萩谷君もミュージシャン顔ですね!て言われまして。
彼女は音楽や映画の造詣が深い人なので、
そういわれるとめっちゃ褒められた!感があってですね。
そういや、樹を見せた時も、ミュージシャン顔って言われたなー…などと思い出したりね。
あと、顕嵐ちゃんのことを、ずっと〔キラキラした子〕て言ってて、すごく外から客観的に見て、
顕嵐ちゃんて、きらきらしてんだなーと思いました。

たまには、ジャニオタじゃない人と話して、ずっと外側から見てどうなのかな、ていうの
聞けると楽しいし興味深いです。いい話もあんまりよくない話も。

そんな三連休が終わって、会社行きたくないようとか言ってる間に、
今日は、キントレ初日でしたね!82公演、みんな怪我なく、充実した公演となりますように。

明日は謙ちゃんの誕生日だし、月曜日のおとなりJrは顕嵐ちゃんだし、
ぼんやりしている間に世界は回るんだなーー
ぼんやりしていられないなー

さあ、家帰ったらビール飲もう。