アルコール・オア・ダイ

酩酊ジャニオタの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

アイドル萩ちゃんが10歳の誕生日だから思ったことをIQ低めに書いたよて話

ちょっとだけ、IQ低いブログを走り書きますね。

 

今日は萩ちゃんの入所日で、アイドル萩ちゃんのお誕生日です。そして、入所10周年。

おめでとう。多分おめでとう。

アイドルを選んでくれて、ここまで諦めずにやってきてくれて、本当にありがとう。
たった数か月で、こんなに夢中になって追いかけて、それでもまだまだ足りないなって思ってる。

格好良くて可愛くて綺麗な見た目も、
きれいな声で歌うのもエモーショナルなダンスもどんどん上達するドラムも、
しっかりしているかと思えばうっかりさんで、
大人びた顔して真面目な話をするかと思いきや、5歳児みたいにはしゃいだりバカなことやったりパギヤだったりするのも。
どこをとっても目が離せないよ。

 

多分萩ちゃんは、すごくアイドルが、アイドルでいることが好きなんだと思う。
ドラムを叩くだけでいいなら、アイドルでいる必要はないもんね。
激しい曲も可愛い曲も応援ソングも、がなるのも甘いのも色っぽいのも、カメラに向かって、綺麗な顔でニコって笑って、みんな大好きだよ。ていうのも、流し目くれて不敵な表情をするのも、そんなの全部無視して集中した様子を見せるのも、全部できるのがアイドルで、萩ちゃんは多分それを絶対的にわかっていて、そういう存在でいてくれる。

なんとなく、それは無意識なのかもしれないと思うこともよくあるんだけど、ドラマーの萩谷慧悟じゃなく、アイドルの萩谷慧悟が私は大好きだし、萩ちゃん自身もきっと好きなんじゃないかなって思ってる。

だからこそ。

必ず未来をその手に掴み取ってほしい。


もう、10年もジュニアやってる子たちなんてざらにいて、そんなに珍しいことではなくなっているし、小学生の時にジャニーズに入った萩ちゃんは、まだ21歳で、大学生でもあって、だから多分、まだ間に合う。

5万人が見渡せる、ステージの一番高いところに陣取って、満足げな顔する萩ちゃんが私には見えているから。

必ず、萩ちゃんが未来へ連れていってくれるって、見たことのない景色を見せてくれるって信じてる。

毎年毎年、デビューしたって、

『アイドルとしてのお誕生日おめでとう!』

てずっとお祝いし続けてたいんだ。