アルコール・オア・ダイ

酩酊オタクの酔いどれ雑記。基本酔っぱらいの戯れ言

お祭り騒ぎは続く!って話 

4月も半ばに差し掛かり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 私はといえば、もう毎日酒がうまいですね!て感じです。いや、 ほんと。

3月31日のお祭り騒ぎが終わり、斬月ロスの中、 見逃しとディレイ配信で命をつなぎ、 武道館のMX祭りに淡い期待を寄せつつ、 過ごしていたわけですが、 10日の夕方に正式に出演アーティストが発表されて、 GWの予定はなくなったのですが(あ、 ホテルキャンセルしなくちゃ)。
あけて11日、ぼんやり日中を過ごしていたら、 またもや響くLINE通知音。


萩ちゃんがブログを開始しただとーーーー!!!


慌てて見に行く私。
なに、この写真、めちゃくちゃ可愛くない??この、 帽子から出てる髪がちょっとはねてるのとか、あと笑顔な! 笑顔可愛い。ねぇ、萩ちゃん、この写真誰が撮ったの??
などと思いながら、その後に、 さなぴと美勇人さんと顕嵐ちゃんが、 それぞれ宣伝してくれてるのを見ました。なにそれ。可愛いな。
で、何が嬉しいかってさなぴも美勇人さんも顕嵐ちゃんも、 みんな緑を使ってくれてること。ああ、メンカラ健在なんだ……! !!て、なんか、そんだけのことなんだけど、なんか嬉しいやん…


最初の記事を何度も何度も読んで、 画像見てニヤニヤしたりしてましたが、その数時間後、 発表されたのは

レギュラー番組!!!!!!!


は?レギュラーつーか、事実上の冠番組ですやん!!! それも6人で…!
さなぴも顕嵐ちゃんも美勇人さんも萩ちゃんも、 こぞって告知してくれて…
いや、当たり前なんだけど、つい数ヶ月前まで、 こんな展開予想だにしてなかったじゃないですか!


この1年、 砂を噛むような思いで過ごした日も多々あったっていうのに、 まるで世界が手のひらを返したごとく、 関東ローカルとは言え地上波に、彼らの姿が普通に存在する。 本人たちの手で、SNSに情報がアップされる。
ようやくここまで、とも思うし、意外と早かったな。 という気もしていて、萩ちゃんの斬月決まってからこっち、 なんかいろいろと展開早いな!らぶちゃんたちについてる大人、 機動力あるな!などと感心しています。


とか言ってたらあれよ。日曜はカラフルで番宣ですって!
それももろれおで!そんな急に告知する? でも関東住のフォロワーさんがいってらしたので、 ちゃんとオタクは集まっていたのかな?


告知のあと、結構そわそわしながら待ってたけど、 始まる直前のさなぴのツイートから、みんな、 そろそろ待ちくたびれてきたかな?てところで、 みゅうすたとらんすたのストーリーで宣伝アップして、 萩ちゃんが全然関係ない話題アップするの、Love- tuneのチームワークだなって改めて思ったし、 美勇人さんも顕嵐ちゃんも、もろれおメンカラで表現してて、 やっぱりその概念生きてるんだなって思って、 嬉しくなってしまった。


なんか、一つ一つが新鮮で、ほんの少しだけ懐かしくもあって、 でも、新しいことがどんどん起こるんだなって、楽しみしかないなーとしみじみしたりもしています。


などとだらだら書いてる間に、とうとう明日から番組スタート!!
朝から番宣!一発目ははぎみゅ双子!なんか、嬉しいよー!
1日MXでいろいろ出ちゃったりするんだろうか。楽しみでそわそわするし、早く6人そろったところがみたいし、その先にある7人の姿とか、すごくすごく楽しみです。


ともかく!新番組イケダンMAX、楽しい番組になりますように!!


あーもう、本当に酒がうまい!

 

イケダンMAX |バラエティ・情報|TOKYO MX

3月31日がお祭り騒ぎだった話

本日、4月1日
2019年度、あけましておめでとうございます!
新しい朝、新しい門出。世界が変わってゆく第一歩。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
あ、新元号決まりましたね。令和。なじむまで、ちょっと時間かかりますかね。


さて。

遡ること33,4時間ほど前。
謎の緊張に包まれながら目覚めました。ニチアサに私の愛するライダー登場で、一回情緒が狂いまして(剣崎…始さん…)。なんとか朝食を飲み込んで、配信に備えました。

 

Twitterに流れてくるグッズのデザインに吹き出し(前世の…ていう表現うますぎると思いながら)、さなぴーのBOWが延々流れてるという会場からのtweetに、またもや緊張が高まりながら。

そして…始まるジョナサンMC、画面の前でコールする我々。
ついに!ステージに現れるあらんちゃんとさなぴー。


紹介して、座って話し出すから、トークショーなのね。てわかる。
昼きゅんの映像をリプレイして、さなぴーのTwitterの話。今ここで更新するから、みんなスマホ出していいから、今見てリツイートして。
て、こんなことあります?!
これまで、ネット御法度だった世界で生きてきたのに、ついったーなう(Twitter黎明期の表現)していいなんて!
あのツイート、結局どのくらいRTされたんだろう。あとで調べよう。

もうちょっと話膨らますのかと思ったら、あらんちゃんのインスタに。自分の好きな写真とか絵とかを載っけてるって言って、さなぴーがTwitter解説の時には赤い花だったんだよね。などと匂わせ肯定してきたり。

ここまではまあ、あらんちゃんの剥製…?に突っ込んだり、顔が写ってるとイイネが増えるんですよ!とか言うのににこにこしながら見てまたんですけど。
ここで、あらんちゃんの好きな絵を描いた作者の方に登場していただきましょう。という言葉とともに、

なんと!!ながつ登場!!!!

そりゃあ、半ば本気半ば夢みたいな感じで、みんなきたりして。とかいう話はしてましたよ?でもさあ!それが実際になると、一気に変な声がでた。
とはいえ実は、私、ながつ出てきたとき一瞬わからなくて。きょとんとしながら、やたら垢抜けてるし、長身イケメンのスタイリッシュな人出てきたなーとか思ってたら、ちゃうやん!ながつやん!!

えー!うわー!て会場でもなってたと思いますけど、PCの前でおおおおおお!!!!とかなってました。
しかし、それすら序章…

ながつの描いた絵が紹介されて…て、ながつがあのキリンの絵描いてたなんて。とんだ才能を隠し持ってた。びっくりした。リンゴのやつは発想は長妻怜央(5)でしたけど、タッチとかがすごく緻密でびっくり。そして3枚目の絵が出てきた瞬間のはっっっていう息の止まる想いよ……


どう考えたって見たことのあるフォルム、構図、それってさあ!!!と思っているところで、ジョナサンが何か言おうとするから、会場がひぇぇぇとかひやぁぁぁとかいう声であふれて、さなぴーが「みんな頭良すぎ!まだなんも言ってない!」みたいなことを笑いながら言ってたのが面白かったけど、もちろんPCの前で似たような声をあげてた我々。
そして、絵のモデルに出てきていただきましょう!で、

ひぎゃぁぁぁぁっぁ!!ていう悲鳴とも絶叫ともつかない声が!我々も、んぎゃぁぁぁ!!!!!て叫んだので、猫がビビッて近寄らなかった笑。
相方がぶわって泣き始めてふたりでハグしたよ。


現れた美勇人さんはちょっと髪伸びててウェーブかかってて、相変わらずお洒落で、何、この人カッコよさ爆アゲしてませんか!てなりながら、海外で撮ったとかいう写真を公表。HPに載ってるみたいな見せ方だったよね。カメラマンさんの作品ページみたい。そして、そのあと行われる顕嵐ちゃん指導の下のインスタアカウント作成。

タレントのアカウントがファンの目の前でリアルタイムで作られるとか、
こんなことってあります?(2回目)
それよりも、顕嵐ちゃんと美勇人さん、相変わらず距離感迷子でくっついて教えてるから、客席の悲鳴が半端ない笑。相方が半ば呆然と画面を凝視してるから、私は必死でPC画面を写真に撮ってました。


4人できゃっきゃ言って、全然空気感とか変わってなくて、可愛い。この子たち、本当にめちゃくちゃかわいい。とか譫言みたいに可愛い可愛い言ってたら、配信はここまでー!て……ええー!と思ったけれども、そりゃあ、お金払って入ってる人と同じだけ見れたらダメよね…でもながつも美勇人さんも見れたし、すごいサプライズだったわ…!と胸がいっぱいになっているところへ入る続報。


モロちゃんも出てきたですって!!!さらには、京都の萩ちゃんまで中継(と言ってもスマホ画面)でつながったですって!!!
何そのサプライズ!モロちゃんの出てき方とか、天才か!!

知ってた!
Love-tune、天才集団て知ってた!

これをいつから企んでいたのかはわからないけれど、とんでもない人たちだよね。こっちは、いろんな事思いながら、おかしな緊張に包まれていたのに、そんなもの簡単に吹っ飛ばして、楽しくて幸せなことばっかり与えてくれるんだよ。
すごいよね。ラブ担、めっちゃ愛されてるよね!て思った。
なんか、美勇人さんがワクワクしながら考えてて、ていうのが、サプライズとか愛すべきいたずらをしかける準備をしてたっていうのが伝わって、本人たちのそのワクワク感が、きっと、ファンにもすごく伝わって楽しくなるんだろうなって思った。

イベント後にあいさつに現れたゆめらいおんちゃんの中の人に期待するオタクたちに、中の人はいません!ていうさなぴーにも笑ったけど、そういうとこ、勘ぐっちゃう癖がついたのは、半分くらいLove-tuneのせいだと思う笑。

 

その後、せめて写真だけでも!て願う会場には入れなかったオタクたちの斜め上を行くように、出るわ出るわ、ORICONとモデルプレスの記事に写真。
なんだこの多さ!ありがとうございます!!!!

ていうか、イベントそのものの記事もそうだし、終わった後の囲み会見もそうだし、翌日のモーニングCROSSでのちらりと映った会見の模様もそうだし…なんなんだ、これは。記事中に元ジャニーズという言葉もなくて、所属事務所もわからなくて、深めのジャニオタなら知っているけど、世の中的にはどこの馬の骨とも知れない彼らの、何か告知があるでもない、ニュース性のあんまりないイベントがネット記事になって席巻する状況……。
これ!誰が企んでるの!敏腕プロデューサーとかマネージャーとか付いてるんでしょ!MXさんもなんでこんなに手厚いの!これからも期待するけどいいんだよね???

 

とにかく、何かが起ころうとしていることは確実で、新しい元号とともに、どんな大きなうねりが動き出すのかわからない。
でも、それすらもめちゃくちゃに楽しみになっている。
色々と、前代未聞のことが怒ってその中心がLove-tuneだなんて、面白すぎるし楽しすぎるじゃないかー!
4月1日になって、昨日現れなかったもう一人だって、いつ姿を現してもよいのだから。美勇人さんのインスタのアイコンかいてる場合じゃないよー笑。(筆跡鑑定まではじめてたオタクいたから、ほんともう、特定班凄すぎ笑)

 

このあと、斬月の大千穐楽に行きまして、一人で泣いてたんだけど、これもまた話が長くなるからひとつだけ。
トリプルカテコの最後に、いつもカンパニーが円陣を組んでやる掛け声を「慧悟いつものアレ」て久保田君が萩ちゃんに言って。萩ちゃんが「いいんですか?!」てちょっとうれしそうに言って。ステージのど真ん中に立って。
「ここからは!」
「俺たちのステージだ!!」
「変身!!!」
て一緒にやったの。ここからは俺たちのステージだ!て一緒に言えたら、めっちゃ涙出てきて、ほら朝から情緒が狂ってたから、もうなんかダメだった。
その前に舞台上で萩ちゃん泣いてるの見ちゃったからもあるんだけど、この言葉が、4月からのLove-tuneを表しているようにも思えて、ぶっちゃけ、一人、力いっぱい叫んでしまったよ……

 

 

ともあれ、素晴らしく楽しい3月の終わりでした。
終わって始まる。
今日は20190401。ここからは俺たちのステージだ!
新しい世界が、今まさに目の前に広がっている。そんな気持ちで、4月を迎えました。

てわけで、みなさん、新世界でもよろしくお願いします!

安井君、らじらーお疲れさまって話

昨日、3月30日、安井君のジャニーズとしての最後のお仕事が終わりました。

家に帰るのが間に合わなくて、飲み屋で飲みながら聞いてたんだけど、想像していたとおり、いつもの安井君、いつものらじらーサタデー9時代で、しんみりすることもなく、楽しいまま、「おてぃまい」て、「これ全然はやんなかったな!」て笑っておわって。

私は安井君のアイドル美学を愛しているので、さすが安井君、だし、それでこそ安井君、と思った。

バカバカしい話も、カオスなコーナーも爆笑しながら聞いたし、選曲に泣かされたし、ほら、これいつものらじらーって感じだった。

まあ、でも、ことたいもDream onもずるい選曲だけどね!リクエスト、たくさんきたんだろうな。安井君の言う「僕らもライブの最後にやった」の『僕ら』にグッときたりして。

卒業とか最終回とか言わず、「新しい門出」といった安井君。最後はちょっと泣いちゃったゆうぴー。でも甘えるのは今日で終わり!て言うゆうぴーは、紛れもなく安井チルドレンで、めちゃくちゃ格好良かったよ。

3年ていろんなことが変わるのには十分な時間で、きっと本人たちにとってもファンにとっても、大切で愛おしい時間であり続けるだろうなと勝手に思ってる。

 

謙ちゃん、ゆうぴー、スタッフさん、3年間らじらーレギュラーお疲れさまでした!楽しい時間でした。

これから次のステージで、さらに素晴らしい活躍ができますように!

 

終わって始まる次のステップへの足がかりの今日に。

斬月の感想はまだまだ続くよって話

仮面ライダー斬月」京都公演はじまりましたねぇ…!始まったら、あっという間に終わってしまう…悲しい…などとすっかりロスっている毎日です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

とか、相変わらずな感じで始まっていますが、ここからは俺のステージだ!なので、萩谷担である私目線のオタク感想です。
ネタバレがんがんのちょっとどうかしているオタクの感想なので、どうぞお気をつけて、ご自衛ください。

 

 

続きを読む

萩谷担の特撮オタクが舞台「仮面ライダー斬月」を見てきた話

発表から2か月。WEBに写真だ、インタビューだ!とソワソワしていたら、記者会見とゲネプロ映像が流れ(お外の世界手厚い…)気が付いたら初日を迎え、あっという間に東京千穐楽でした。
舞台、仮面ライダー斬月
がっつりというほどでもないですけども、複数回、見てきました。

私は、萩谷担であり特撮オタクです。
一言でいうと、

超 最 高 !!

でした。

鎧武のことも萩ちゃんのバックボーンも知っている身としては、涙腺崩壊ポイントが多すぎた。見ている間ずっと胸がぎゅーーっとする感じが続いてました

貴虎と少年達の物語として、鎧武のスピンオフとして、大人のためのヒーローショーとして、こんなに良いものを見せてもらえて、萩谷担としても、特撮オタとしても、冥利に尽きます。
本当にありがとうございます。

もう、東京千穐楽も終わったから、ネタバレ含む感想をブログなら書いてもいいかな、と思い、いろんな事を徒然に書いていこうかなと思います。
昼に書いてますけど、基本飲んでても飲んでなくても酔っぱらいのたわごとです。

 


この舞台は、紛れもなく仮面ライダー鎧武の世界だった。1年間の鎧武の物語を110分にぎゅーっと凝縮しつつ、オリジナルへのオマージュ、スピンオフとしてのオリジナル感も大事にされていて、とても鎧武だった。
用語としては鎧武を見ていないと難しい部分もあったとは思うけど、知らずに見ていても物語として十分面白かったよね。
主人公は呉島貴虎だけど。だからこそ、物語の再構築が可能になったのと同時に、若者だけではなく、大人だったはずの貴虎が、もう一度未来を見つめられる、ただの罪滅ぼしとして「後始末」のために生きるのではなく、本当になすべきことを見つける物語に思えた。
それぞれのキャラクターが本編のキャラクターになぞらえられて、でもやっぱり、違う人間で違う答えを持っていて。鎧武を鎧武たらしめていた本質がきちんと守られているのは、ほんとにもう、毛利さんさすが。

3つのチームに分かれて戦っている少年たちの必死さと世界の狭さ、それをもたらした貴虎を含む大人がなすべきこと、力を持つ意味、孤独と守りたいという思い、ノブレス・オブリージュという言葉の呪縛と誇り、それらが一つの物語の中で、貴虎の過去と未来、少年たちの命と未来を描くことで舞台の上で進んでいく。
どのシーンでもすごい熱量が渦巻くように存在するのを、こちらも拳に力を込めて見届けなくてはいけない、という気持ちにさせられる。
苦しみや悲しみ、絶望の後にやってくる、未来への希望。それが、たとえささやかでも、それを手にするために、切り開いていくために、命を懸けて戦うという、仮面ライダーの命題のようなものが、110分のなかにあった。

物語として、純粋に面白かったし、変身シーンやアクションは心が躍ってしまうし、現実に目の前でライダーが闘っているのを見ると、特オタなので無条件で熱くなってしまった。
すっごい単純に、斬月カチドキアームズ めっちゃかっこいいので、S.H.フィギュア買いますね。


さて、ここからは萩ちゃんとアイムのことを。(こっからの方が気持ち悪いです…)
アイムという役が本当に本当によくて。明るくて熱くて仲間思いで責任感が強くて、でもまだ少年で、こんな世界でなければきっと、もっとキラキラした未来への道を歩いていたんだろうなって思わせてくれる。
でも、過酷な状況で生き抜いてきた図太さや強さ、それなりの多分狡さというか賢さも持ち合わせていたり、とことんまで非情になれなかったりと、本当にヒーローものの主人公!という感じだった。


ていうか。
アイムとして舞台に立つ萩ちゃんが、ほんとにかっこよくて、アイムのセリフの数々が、あまりにもあまりにも、萩谷担(をはじめラブ担)の心を鷲掴んでぐらぐらと揺さぶってくるから、これは、鎧武のスピンオフで、貴虎が主人公の斬月という舞台で、話しているのはアイムという少年で、紘汰さんの写し身で……ていうのが、一瞬全部吹っ飛んで、彼らと我々の物語なのではという錯覚に陥ったくらい。

でもそれはあの世界で生きるアイムの言葉であって……こんなにオーバーラップするなんて予想だにしなかったので、初見の動揺がハンパなかった。

見た目はアーマードライダーなのに、声は確かに萩ちゃんだから、「ここからは俺たちのステージだ!」ていう序盤のセリフで、涙腺が一気に崩壊してしまった…

アイムの好きなシーン、ていうと、もうでてるところ全部。みたいになってしまうけど、それでも敢えていうと2カ所あって。
一つ目は、リーダーだったインベスを倒してしまってから、フォラスと戦って生き残ってみせる!と覚悟を決めるシーン(シーンていうには長いけれども)
苦悩と悲しみと後悔とで、地面に突っ伏して号泣するところ、貴虎が実験の中枢だったことを知ってさらに大きな絶望に襲われて、貴虎に掴みかかって泣くところ、自棄気味に、俺たちってなんなんだろうな、と冷笑混じりに話すところ、もう戦うのはやめたんだ、と子どものような口調でいうところ、その後、フォラスが現れて、戦う意味を見いだして、フォラスにとどめを刺すところ…ここだけで、感情のアップダウンが激しくて、すごい熱量で、でも、フォラスに対して、「ごめんな、フォラス」というとき、柔らかく本当にすまなそうにいうときと、強い覚悟を込めていうときがあって、萩ちゃんの中に演技プランとしては2通りあるのかなって、後で冷静になって思ったりした。

2つ目はグラシャと最後の戦いに挑むところ。あの2人が掛け合うように自らの魂を叫んで、変身する瞬間に、鳥肌がぶわっとたって、二人の認め合いながら相容れず、戦うしかない悲哀と覚悟がお互いにスパークして見ているこちらがゾクゾクした。結果は悲しいものにしかならないけれど、それでも二人の間にあったのは友情だったんだろうと思える、すごく熱いシーンだった。

その後にアイムが自分が手に掛けたグラシャ、フォラス、リーダーと呼びかけるとき、それぞれの名前の声色と表情が違って、相手に対する感情が違うことを表現しているような気がした。

ちょっと生意気な口調で話すところや、コミカルなシーンもかわいかったけど、終盤に近づくにつれ、揺るぎない強さと覚悟がアイムの体に漲っていくように見えるところが本当にすごいなって。

それから…やっぱりあのシーンははずせない。(2カ所じゃなかったのか)紘汰さんが降りてくるところ。あんな風に、少し儚くて優しくて、包み込むような威厳すらあるような…それはすでに始まりの男であり、神となった紘汰さんにならなければならないシーンだから、あそこがダメだったら全部台無しだったと思うんですよ。
演出上もすごい賭けだったんじゃないかと思うんだけど、あのシーンで、特オタ、それも鎧武オタのみなさんが、大絶賛してくれたってことが、萩ちゃんがアイムを演じたことの答えの一つだったんじゃないか……という風にも思ったりします。

 

大人の出演者のみなさんは言わずもがな、共演の若手俳優のみんなもすごく良かった。
貴虎兄さんは文句なく現実に存在する貴虎だったし、雅仁も貴虎と対等な立場にあるラスボスとしての存在感だったし、大高さんはもちろんさすがです。ベリアルの小沼君は、とにかく手足長くて立ち姿がきれいですね。強そうだしかっこよかった。
フォラスの宇野くんはムードメイカーであり、物語が動くきっかけになるのだけど、立ち位置としての小物感がうまいし、アクションがすごく映えるなあと。グラシャの増子君はお顔はきゅるるんとしてるのに、強くて孤高で美しいチームのトップとして、そこにいることに説得力があった。
ベリトとオセ、パイモンとグシオンがそれぞれチームのカラーをしっかり出していて、それもすごく良かった。パイモン役の後藤君が好みです笑
で、影正役の原島君がものすごかった。押さえた演技とヒステリックなところを行き来する役で、熱演だったなと思います。あと本人のキャラとにギャップすごい笑。鎮宮兄弟役と中の人のキャラが違いすぎてびっくりするね笑

あとスーアクさん!斬月とオーバーロードのスーアクさんがとにかくかっこよくて、面のお芝居込みで格好良かったです。

萩ちゃんがみんなの先頭でセンターで踊るダンスシーンは本当に格好良かったし…他の人と違って、ターンの時最後まで顔が残るところとか、私の大好きな萩ちゃんのエモーショナルなダンスがお芝居の中で踊るのにとても似合ってるなあとか…ていうか、そんなところが見られると思ってなかったので夢中で舞台を見てた特オタの心からグワッと萩谷担の気持ちが沸いてきたりして、自分の感情も忙しかったです。

このあと、京都の4日間で斬月が終わってしまって、もうトルキア共和国に行けないしあの少年達にあえないと思うとめちゃくちゃ淋しいのですが、最後まで見届けたいと思います。


やや特オタ目線強めでの感想でした。
萩ちゃんの個人的なことは、また、別エントリで書きますね。(まだ書くことあるんかい)

 

3月ですけど、毎日楽しいですね、ていう酔っぱらいの話

1月以上にいろいろありすぎた2月も終わり、今日はもう、3月11日です。明日私は萩ちゃんを見に行きます…てこんな言葉、3ヶ月前に予想してました?!私はしてませんでしたよ!
どうしよう。明日生で萩ちゃんを見てしまう…ヤバい。

 

2月中にさなあらのひるキュン出演のこととかMXフェスに出ることとか、書いておきたかったのだけど、口開けてる間に怒濤の日々に押し流されていた……
そうしたら、もろちゃんの舞台も決まっていて、本当に酒がうまいね!

 

ともかく、まだ見ぬアイムはとても好評のようで、オタクとしては嬉しい限りです!
明日見たら、暑苦しい感想を書くと思うので、今日はこの辺にしておきます。ブログタイトル通り、相当な酔っぱらいなので、今…

2019年はじまりましたね!!!!て話

2019年1月ももう終わりに差し掛かっておりますが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。
さすがにややしんみりした感じで暮れた2018年末、 最後に美勇人さんがアイランドに見学に行くというウルトラCをか ましてくれてビックリしましたが、 そういうところもなんだか美勇人さんぽいですね。可愛い人や……

さて、年明け2週目の木曜日、わたくし、 一生懸命仕事しておりましたですよ。 そうしたら響くLINE通知。相方からの萩ちゃんが! という詳細のない(笑)連絡。急いでTwitterへ。
流れてくる、【仮面ライダー斬月】出演俳優発表第三弾の報に、 書かれている萩谷慧悟の文字…!!!
私、ジャニオタと特撮オタを行き来してたんですが、ここへ来て、 自担がライダーにでるですって……!あ、でも、 萩ちゃんジャニーズじゃなかった。推しが特撮関連にでるの、 めちゃくちゃ嬉しいです。
もうそこから、仕事は手に着かないわ、同じ記事何回も読むわ、 トレンドに入る萩谷慧悟の名前にニヤニヤするわで、 人として使い物にならなくなりました。
一報だけでこんななのに、実際見たらどうなってしまうのか、 今から心配です。

 

Twitterもだいぶと祭りだったし、 フォロワーさんと喜びあったりおめでとうって言われたりで、 ホントに嬉しかった。
(関係ないけど、フォロワーさん、 TLで私の名前叫んでくれる人多くて面白かった)

 

にしても、新しいアー写、めちゃくちゃカッコ良くないですか?!会社の同僚の宮田担にも誉められてご満悦です。

 

正直、丁度1年くらい前に萩ちゃん退所の噂がでて、 辞めたあとも一般人みたいな顔してスティールパンのステージでた りして、芸能の世界から退いちゃうんじゃないか。 と思われてたところもあったと思うんですよ。
私個人は、絶対板の上にカメラの前にいる人だと思っていたので、 その点は心配していなかったけど、 どういう形で出てくるかはわかんないなあと思ってたので、 先陣を切って、 完全な表舞台に現れるなんて劇的なことが起こってしまって、 もう、酒がうまいったらない!

 

この日、もちろん祝杯でしたよ。 何回も相方とハグしながら飲みましたー。うまかったー

 

その興奮もさめやらぬ翌日。
今度は顕嵐ちゃんInstagramに登場…… SNSの偽アカ騒動続いてたから、みんな、恐る恐るだったの、 すごい危機管理能力高い感じだった。 特定班や検証班のご活躍の末…そして、 やっぱり見たことのない紛れもない顕嵐ちゃんの写真により、 本物と判明。その後のフォロワーの増え方尋常じゃなくて笑った。
もちろん祝杯ですよ。連日、酒がうまい。
でも決定づけたの、やっぱりカエルのぬいぐるみにあのペンダントかけたストーリーだよね。
評判が芳しくなかった(笑)ペンダントと30000円のレディメイドのカエルでみんな、信じたとこある気がする。カエルのヌイに30000円て。顕嵐ちゃんっぽい…!て笑
その後、毎日8:30に謎かけみたいな、超おしゃれな写真があがるのが、本当に楽しみ!


これだけでも結構なハイカロリーなのに、さらに翌週……!さなぴー!Twitterとそして、楽曲配信…!ダウンロードして購入できる!直接お金落とせるとか、オタク冥利につきるじゃないですか!!
しかし、本人確認が歌声って、めっちゃ痺れる!さなぴー、カッコいい!
その後20位までにランクインして、ラジオで紹介されて曲がかかるって。予想だにしなかった……!


1月だけで、失われたあの半年を挽回した感じあるんですけど、まだまだこれから快進撃続けるんだと思うと、楽しみしかないです!


財力と体力付けて待ち構えてるので、ガンガン新しい動きを浴びせかけられたら嬉しいなーと思う1月でした!


明日からの2月、ナニが起こるか楽しみですね……!!!!